【Python3】インストール方法・PTAH等の環境設定を解説!【Mac】

Python3のコードを実行するためには、実行できるようにPythonをインストールして環境設定をする必要があります。

一見難しいと感じるかもしれませんが、手順通りやれば5分〜10分程度で終わるので、ぜひ手を動かしながら参考にしてください

※当方の環境はMacです。

【Python3】インストール手順をざっくり解説!

Python3のインストール方法は以下の手順で行えます。

インストール手順
  1. homebrewのインストール
  2. Python3のインストール
  3. PATHの設定(公式からインストールする場合)

順に解説していきます。

Python3のインストール方法

①homebrewのインストール

Python環境をインストールするには、ツールを使ってPythonを導入する必要があります。

以下のコードをコピーして、Terminalに貼り付けて実行してください

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

これでhomebrewのインストールは完了です。

Python3のインストール

homebrewをインストールすると、「brew」コマンドを実行できるようになります。

続いて以下のコマンドをターミナルで実行してください

brew install python3

これでPython3のインストールと環境設定が完了です。

 

この時点で問題なければ、これ以降はスルーしてOKです

おすすめのエディタを紹介していますので、「まとめ」へお進みください。

 

ここまでで失敗した場合は、以降の方法をお試しください。

Python3を公式サイトからインストールする方法・環境設定

インストール手順
  1. 公式サイトでダウンロード&インストールする
  2. パス(PATH)を設定する

公式サイトからPython3をダウンロード&インストールする

まずは公式サイトでPython3をダウンロードしましょう。

Python公式ページ

「Download Python3.XX」という黄色いボタンからダウンロードできます。

ダウンロードが完了したら、それを実行してインストールをしましょう。

特に問題はなく進めていけばOKです。

Python3を実行できるようにパス(PATH)を設定する

PATHが通っていないと、Pythonのコードを実行することができないので、PATHを設定する必要があります。

以下の2つのコマンドをターミナルに貼り付けて実行します。

export PATH=$PATH:/user/local/bin/

export PATH=$PATH:/user/bin/

PATHを通したらterminalを再起動しましょう。

これでPATHの設定は完了です。(これによりpip3コマンドが使えるよう)

これでPythonのコードが実行できるようになりました。

また、モジュール(ライブラリ)を入れる上で欠かせない「pip3」コマンドも実行できるようになったはずです。
(今は気にしないでOK)

試しに以下のコードを実行してみてください。

pip3 --version

これで以下のように表示されればOKです。

pip 9.0.1 from /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.6/lib/python3.6/site-packages (python 3.6)

※環境によって数値などの違いがあります。

まとめ

これにてPythonの設定が完了です。

続いてPythonを書く上でかなり便利なエディタを紹介していきます。

便利なエディタを使えばコーディングの高速化とミスの軽減に繋がりますので、ぜひ参考にしてください。

以下の記事で紹介しています。

【無料】おすすめのPython用エディタPyCharmの使い方・環境設定を解説!